JUNWATANABE

ABOUT

JUN WATANABE

クリエイティブディレクター/グラフィックデザイナー。ファッションを中心に国内外の様々な企業・ブランドのデザインを手掛ける。自身のブランドレーベル「JUN WATANABE」名義でアパレル・雑貨などを展開する一方で、Reebok、ASICS、PRO-kedsなどのスニーカーブランド、「エヴァンゲリオン」や「とある科学の超電磁砲」などの人気アニメ作品ともコラボレーション商品を手がけるなど活動領域は広い。模型メーカー、タミヤとはアパレルに特化したコラボレーションライン「TAMIYA by JUN WATANABE」を展開。ウェア・バッグなどの新作を定期的に発表し続けている。
著書にこれまでの仕事を集めた作品集「Display case by JUN WATANABE」(全128P・ハードカバー)がある。毎年アートエキシビションなどのイベントも定期的に行っている。

BIOGRAPHY
2012〜
3月、タミヤの代表的RCカーであるホーネットをJUN WATANABEバージョンにアレンジした「The HORNET by JUN WATANABE」を発売。時期を同じくして、ホーネットと同デザインのReebokポンプフューリーをZOZOTOWN限定でリリースし業界を超えて話題を呼んだ。3月4日には静岡県のタミヤサーキットで、アパレル系ブランド&メディア計10チームよるRCレースイベント「JUN WATANABE CUP」を開催。6月、新潟県三条市のギャラリーD+5 ART GALLERYで開催されたアートイベント「SONIC FES 2012」にドイツの2人乗り乗用車smartをホーネットと同デザインで製作し出展。7月にはアパレルブランド「SILAS」とのコラボレーションシリーズ「SILAS by JUN WATANABE」を発表。代官山の店舗内ギャラリーでエキシビションを行なった。レセプションパーティにはライブドローイングのパフォーマンスを行い、多くの人で賑わった。翌8月にはエキシビション会場をSILAS名古屋店に移し、シルクスクリーンプリントのイベントも行った。

2013〜
3月、渋谷パルコで行われたエヴァンゲリオンの展示「EVANGELION 100.0」に参加。人気キャラクター「綾波レイ」を1m x 1mのキャンバスに描き上げた作品を展示した。5月、モータースポーツの人気シリーズ「D1グランプリ」に出場した上野高広選手が乗るTEAM VERTEXの車両、BMWの外装グラフィックデザインを担当。年間シリーズ全6戦を戦った。7月、自身3作目となるReebokのポンプフューリーのコラボをZOZOTOWN限定で発売。また人気番組「仮面ライダーウィザード」の主題歌「Life is SHOW TIME」のミュージックビデオ内で、ゴールデンボンバーのボーカル鬼龍院翔がTAMIYA by JUN WATANABEのTシャツを着用し話題になった。11月、エイ出版社発行のラジコン雑誌「月刊RCワールド」にてイラスト連載コラム「JUN WATANABEの妄想デザイン室」をスタート。12月、新潟県長岡市で行われた「SONIC FES 2013」に人気アニメ「とある科学の超電磁砲」の人気キャラクター御坂美琴をモチーフにしたアート作品を展示。多くのニュースサイトにも取り上げれられた。

2014〜
1月、台北で行われた「エヴァンゲリオン」のポップアップストアに人気キャラクター「惣流・アスカ・ラングレー」をモチーフにしたアート作品を展示。同時にTシャツも販売された。2月、雑誌「月刊RCワールド」3月号で初の表紙を飾る。4月、渋谷リルリールで行われたINSTANT LAB写真展「MY NINE(私の9枚)」に出展。6月、翔泳社から発行された日本の150組のグラフィックデザイナーを紹介する「グラフィックデザイン2014」に掲載。11月、スパイクチュンソフトの「ダンガンロンパ」とのコラボレーションアイテムをブックマーク浅草橋で行われた特設ショップ「希望ヶ峰学園美術部」にて販売。11月には雑誌「月刊RCワールド」12月号で2度目の表紙を飾る。

2015〜
3月、渋谷リルリールでアートエキシビション「RC CAR CUSTOM EXHIBITION」を主催。スチャダラパーのBOSE、RIP SLYMEのPES、湘南乃風の若旦那、高木完(DJ・プロデューサー) CHOCOMOO(イラストレーター)など計16人が参加し話題を集めた。10月、茨城県つくば市で行われたRCカーレースの最高峰世界大会「IFMAR WORLD CHAMPIONSHIP 2015」の大会ロゴを担当。11月、DJ BAKUの通算4枚目のアルバムとなる「NΣO TOKYO RΛVΣ STYLΣ」のアートワークを手がける。

2016〜
4月、お台場H.L.N.AスケートパークにてRCイベント「BLOCKHEAD MEETING Vol.1」を開催。スケートセクションを使ったRCカーの走行会に加えて、DJ BAKUによる演奏とBMXライダー田中光太郎、吉田幸生によるデモンストレーションも行うなどこれまでのRCイベントにはない要素を盛り込んだ。同月、東急プラザ表参道原宿でポップアップストア「TAMIYA by JUN WATANABE」を1ヶ月間限定で開催。6月、渋谷リルリールにてアートエキシビション「BURGER ZAURUS」をメディアクリエイターであるハイロックと共同開催。架空のハンバーガーショップをコンセプトにアート作品を製作した。10月、株式会社スタートトゥデイ代表取締役の前澤友作が会長を務める公益財団法人「現代芸術振興財団」主催のエキシビション「the CONSTRUCTOR ジャン・プルーヴェ:組立と解体のデザイン」展がフランス大使館公邸にて行われ、メインビジュアルを担当した。同月、元MAD CUPSULE MARKET’SのKYONOがボーカルを務めるバンド「T.C.L」の楽曲「SHOOT TO KILL」のミュージックビデオを監督。11月にはDJ BAKUがKYONOをフィーチャリングした楽曲「DJBAKU feat.KYONO -SCREAM THE LIFE-」のミュージックビデオの監督を務め、KONAMIの人気アーケードゲーム「beatmania(ビートマニア)」に採用収録されている。

2017〜
スノーボードのパイオニアブランドSIMSからグラフィックを手がけたコラボモデルがリリースされる。

エキシビション
・「STAY REAL by JUN WATANABE」(2011年5月27日〜6月12日 at STAY REAL台北)

・「SONIC FESTIVAL 2012」(2012年)

・「SILAS by JUN WATANABE」(2012年7月28日〜8月19日 at SILAS代官山)

・「SILAS by JUN WATANABE」(2012年8月25日〜9月17日 at SILAS名古屋)

・「EVANGELION 100.0」(2013年3月15日〜31日 at 渋谷パルコ PARCO MUSEUM)

・「MY NINE(私の9枚)」INSTANT LAB写真展 参加アーティスト:高木康行(フォトグラファー)/JUN WATANABE(クリエイティブディレクター)/MACKA-CHIN(音楽ディレクター)/HALCA(ハルカリ)/TEPPEI(スタイリスト)/タケイグッドマン(映像ディレクター)/伊藤弘(groovisions代表、アート・ディレクター)/土井宏明(アートディレクター)/沖野修也(DJ)/浅本充(カフェオーナー)/ハイロック(メディアクリエイター)/イルマリ(リップスライム)/MAIKO(スタイリスト)/阿久津ゆりえ(モデル)/ヨシロットン (グラフィックアーティスト)/依田純子(フォトグラファー)/EDA(bal / Graphic designer)/堀雅人(放送作家)/村上淳(俳優)/藤間蘭翔(日本舞踊家)(2014年4月1日 〜 5月10日 at 渋谷LIL’RIRE)

・アートエキシビション「RC CAR CUSTOM EXHIBITION」(参加アーティスト:BOSE(スチャダラパー)/PES(RIP SLYME)/若旦那(湘南乃風)/高木完(DJ・プロデューサー) CHOCOMOO(イラストレーター)/JUN WATANABE(クリエイティブディレクター) 根津孝太(クリエイティブ コミュニケータ)/やまざきたかゆき(プロダクトデザイナー)/土井宏明 (アートディレクター) with 米塚尚史(特殊造型美術デザイナー)/山本卓身(カークリエイター) 力石咲(ハイパーニットクリエイター)/花井祐介(イラストレーター)/hi-dutch(アーティスト) TAKASHIMA DESIGN(RCカラーデザイン&ペイント)/次原隆二(漫画家)(2015年3月1日〜31日 at 渋谷LIL’RIRE)

・アートエキシビション「BURGER ZAURUS」(メディアクリエイター・ハイロック氏と共作)(2016年6月16日〜7月31日)

イベント
・TAMIYA HOLIDAY FACTORY x BLOCKHEAD MOTORS「PUMP UP TRUCK RC CHALLENGE」(2016年8月27日 at アウトレットパーク木更津)
・RCイベント「BLOCKHEAD MEETING Vol.1」(2015年4月26日 at お台場H.L.N.A SKATE PARK)

書籍
・作品集「DISPLAY CASE by JUN WATANABE」(2013年)

執筆・コラム
・スニーカー専門誌「SHOES MASTER」にて連載マンガ「Mr.Bottle Head部長」を執筆(2011年〜2012年)
・エイ出版社ラジコン雑誌「月刊RCワールド」にてイラスト連載コラム「JUN WATANABEの妄想デザイン室」を執筆
(2013年11月号〜2015年5月号)

CONTACT