JUNWATANABE

BLOG

BLOG POCKET FILE

#G001 GAMEBOY

2017.03.24

任天堂初代ゲームボーイ。これが発売された時は僕はまだ小学生だった。初めてこの商品を知ったのはテレビCMだったんだろうか。アメリカ人らしき子供が田舎の畑みたいなところで遊ぶ姿を見て、もうどうしようもないくらい心がざわついたのを覚えている。一家に一台のテレビを占拠し、親から与えられた1日1時間という短い時間制限(今考えれば妥当である)、そんな狭苦しいゲーム環境から解放されるのではないか。そんな期待を胸に親にねだり、見事に手に入れたのである。最初のソフトは「スーパーマリオランド」だった。このスーパーマリオランドはゲームももちろんだが、BGMが素晴らしい。懐かしいポップスな雰囲気から、中華風、エスニック風など、非常にバラエティに富んでおり、特にエンディングにつながる部分は結構泣けるメロディだ。僕はたまにこのBGMを聴きながら作業をしている。しばらくマリオで遊んでいると、どこからか役満という麻雀ソフトが回ってきた。この役満で麻雀のルールを覚えた人も多いのではないだろうか。僕はチートイツという言葉はこの役満で覚えた。やがてファイナルファンタジーシリーズで有名なSQUAREが、「魔界塔士Sa・Ga」や「聖剣伝説」などの大型RPGを発売すると、もう四六時中夢中でやったのを覚えている。まだまだ書きたいことがある初代ゲームボーイだが、先日Amazonで程度の良いゲームボーイを見つけた。多少の使用感はあるものの、液晶パネルも張り替えてありピカピカだ。そんな思い出の品がまだ3千円程度で買える。3DSやPS VITAももちろん良いが、単三電池を入れて、外へ出てスーパーマリオランドを遊ぶってのも中々風情があって良いものだ。その際はイヤホンを挿してBGMを楽しむ事をオススメする。